水、水分

水を飲むと体にいい?飲むことで得られる効果とは!

 

こんにちは

本日は水を飲むことによって得られるいい効果を

ご紹介いたします

少し前から話題になっている

水を飲むことはいいの?

そんな疑問についてお話したいと思います。

「水をたくさん飲むと健康に良い」という話はよく聞くと思います。

人間の身体の60%は水分でできており、

酸素や栄養素を運んだり体温を維持したり、

老廃物の排出などの生命維持に必要な役割を担っています。

それだけの役割を担う水分なので、

「水は健康に良い」というのはなんとなく

イメージできるのではないでしょうか?

実際に水を飲むことでどんな効果があるのか…

水を飲むことで得られる美容&健康効果はたくさんあると言われております。

ほんの一部ですがお伝えしたいと思います。

1.ストレスや不眠の解消水には、リラックス効果(鎮静効果)

がありますので、ストレスや不眠に悩んでいる人にとって重要です。

たとえば、イライラした時、人の体温は上昇し

汗をかくことで水分が不足します。

また、ストレスなどが原因で血中ナトリウムが増えて、

血圧が高くなることも。

そんなとき、コップ1杯の水を飲めば、

水分不足を解消したり血中ナトリウム濃度を安定させたりして、

イライラやストレスの解消になるでしょう。

また朝起きた時は体の水分が不足している状態になっています

そのため朝起きた時にコップ1杯の水を飲むとさらにいいでしょう

2.疲労回復

水分不足で血流が滞っていると、

体内に酸素や栄養素をスムーズに運ぶことができません。

それが疲労の蓄積にもつながります。

水分を意識的に摂取して血液をサラサラにすることで、疲労の回復が期待できます。

3.老廃物を体外に出す

たくさん水を飲むとトイレが近くなるから控えている」という事を

ことがありますが、水を飲むのはトイレに行くためです。

体内にある水分は常に新しいものへと

入れ替えていかなくてはいけませんが、

口にした水が身体の外に排出されるまでに

1ヶ月かかると言われています。

ところが1日2リットルを飲まないと、

入れ替わりにもっと長い期間がかかり、

いつまでも古い水が体内に留まってしまいます。

古くなった体内の水分が入れ替わらないと

血液の製造が滞ってしまいますし、

代謝は落ち、肌のハリやしなやかさも衰えていきます。

たまの運動などで出る汗も、匂いがキツくなったりします。

水を飲んで老廃物を外に出すことは、

身体をいつも若く保つための基本です。

水を最低2リットルは飲んで、きちんと老廃物を出すことを意識しましょう。

4む.くみの解消

むくみは、身体の末端まで血液やリンパ液が

上手く循環していないのが理由。

血液やリンパ液を滞らせず、

スムーズに循環しないのは体内の水分量の不足が原因です。

つまり、むくみの原因は水分不足が大きく関係しています。

水を積極的に飲むことで、血液やリンパ液の巡りを良くして

むくみの解消が期待できます。

ここでおすすめなのが、カルシウムと、デトックス効果などが

あると言われているミネラル成分”サルフェート”を含む

硬度120mg/ℓ以上の硬水を摂取すること。

サルフェートは国内産の硬水にも含まれていますが、

特に海外産の硬水に多く含まれています。

水を飲むことで様々な効果があるのがわかります。

ダイエット効果、アンチエイジングなど

他にも効果があります。

普段水を飲むことか少ない方は

たくさん飲むように意識してみてはいかがでしょうか?

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。