食事、美肌

ファスティングで内臓回復させよう!そのやり方は?

こんにちは。

本日の美容美肌健康俱楽部では

今流行りのファスティングについてご紹介していきたいと思います。

まずファスティングとは?

ファスティングとは「断食」のことで、一定の期間、飲食を絶つことを意味します。

人間の体は、消化吸収をすることがない状態になると、

自然に体内にたまった有害な毒素を排泄するため、

ダイエット効果だけでなく、デトックス(解毒)効果もあり、

健康や美容のさまざまな面によい影響を及ぼすとされています。

フランスでは、ファスティングは「メスの要らない手術」とまで称せられているそうです。

ファスティングの効果

・内臓機能の向上

・ダイエット

・解毒力向上

・免疫力向上

・血液がサラサラに

・美肌味覚が敏感に

私たちの日々の食生活、つまり「いつでも、好きなだけ食べる」という習慣は、

腸内環境を悪化させ体内に有害物質である毒素を蓄積する原因となっているのだそう。

この毒素が蓄積すると、消化不良が起こったり、

ワタシたちの体内の細胞が汚れたり、代謝力が弱まったりといった悪影響があります。

結果的に、肌が荒れたり健康が阻害されたりします。

「代謝力」とは体から要らないものを排出する力のことです

どうやらワタシたちは「取り込む」ことばかりに夢中になっていて、

「排出する」機能をおろそかにしてしまっていたらしいです。

「排出する」機能をしっかりと働かせるためには、

「取り込む」ことを一旦お休みすることが一番有効とされています。

そこで選ばれたのがファスティング(断食)。

食べることを止めると、内臓が休まり、結果的に毒素が体から排出され、

より健康的で美しい体になれるということなのです。

それではファスティングのやり方をみていきましょう

【準備期】

いきなり食事を摂らなくなると身体は飢餓状態と思って脂肪を貯め込んでしまう。

食べないことにストレスを感じないようにするためにも、

ファスティングに入る前の準備期間に徐々に食べることを減らしていくと◎。

ファスティングを始める3日前から夜8時以降は食べないようにすると◎。

ちなみに、アルコールも抜いておくのが正解。

【ファスティング中】

1日何も食べないだけでも断食といえる。

本格的に実行したいひとは、1週間くらい水かお茶、

スムージーのような飲み物のみで過ごしてみて。

1日のプチ断食でも内臓を休めることには効果的。

食べられないというストレスもなくできるので、

初心者はプチ断食から始めてみるのもおすすめ。

【復食期】

ファスティング終了から通常の食事に戻すまでの期間。

液体から柔らかいもの、固形物…と少しずつ通常の食事に戻していく。

このときに栄養もしっかりと考える必要がある。

そこでおすすめなのが「まごわやさしい」の食べ物を摂ること。

これは栄養バランスを考えて摂取したい和食に使われる食材の頭文字。

「ま」=豆(まめ)「ご」=ごま「わ」=わかめ「や」=野菜(やさい)

「さ」=魚(さかな)「し」=しいたけ「い」=いも

これらの食材をバランスよく食べることで、

ファスティングで休ませた内臓(身体)にやさしく栄養を送り届けることができる。

そして、ファスティングした後はどうしても肉が食べたくなるというひともいるはず。

この復食期に固形物を食べ始めるとき、肉を食べるとしたら消化をしやすい

「鶏肉」→「豚肉」→「牛肉」の順番で食べ始めるといい。

こういったように、復食期は消化しやすいものから食べ始めるのが基本となる。

どうでしょうか?

普段暴飲暴食等で胃を酷使している方は胃を休ませるためにも

ファスティングしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。