未分類

髪が傷んでしまう原因は?普段何気なくやっていることだった…

こんにちは。

本日の美容美肌健康俱楽部では

普段何気なくやっていることが 髪の毛を痛めてる?

髪の毛が痛んでしまう理由についてお話したいと思います。

髪の毛が痛む原因

1.シャンプー

清潔な髪を保つためにも欠かせない

毎日のシャンプーですが、 洗い方によっては髪を傷付けてしまう原因にも。

髪の表面を覆ってつやを出すキューティクルは、

髪が濡れると開き、乾くと締まる性質を持ちます。

つまり、シャンプーのときはキューティクルが開いた状態となるのです。

この状態で髪を強くこすって洗うと、 キューティクルは傷付き、

つやが失われたりパサパサしたりと、髪が傷む原因になります。

2.ドライヤーやヘアアイロンなどの熱

髪のキューティクルは、熱に弱いもの。

ドライヤーやヘアアイロンなどの熱をあてることでも、

キューティクルはダメージを受けてしまうのです。

ドライヤーやアイロンなどを使うときは なるべく短時間で済ませ、

1ヵ所に熱をあて続けないようにする必要があります。

3.自然乾燥

濡れてキューティクルが開いた状態の髪を放置すると、

髪に必要な潤いやたんぱく質がどんどん失われてしまいます。

ドライヤーの熱もダメージを与えると紹介しましたが、

自然乾燥ではさらに髪が傷んでしまうため、

なるべく早くドライヤーで乾かすことがポイント。

髪に水分が残っていると雑菌が繁殖するため、

かゆみやにおいも発生しやすくなってしまいます。

また、髪が濡れたまま寝るというのも、

枕と髪の摩擦が原因で、キューティクルが傷付きます。

パーマによる損傷 パーマは簡単にいうと硬い髪を薬で柔らかくしてくせをつけ、

また元の硬さに戻す、といった感じです。

パーマの施術がしっかりされていないと中途半端に柔らかいままに。

だから傷みやすくなります。

5.ヘアカラー

ブリーチによる損傷 染める薬やブリーチ剤が髪の色を変えている間に

髪の中身が外に流れ出てしまう、

ですからカサカサしたり弾力がなくなったりします。

6.日光に紫外線よる損傷

太陽光線の赤外線と紫外線が影響します。

赤外線は熱線ともいわれ毛髪のケラチンタンパク質が損傷を受けます。

紫外線は化学線といわれ熱は感じませんが 肌が焼けるのはこの影響です。

毛髪も淡白変性を起こします。

など普段何気なくやっている事が 自然と髪の毛を傷つけているのです。

少しでも気にかけ髪が痛むのを防ぎましょう。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。