薄毛、AGA

薄毛の方必見!諦めていた薄毛にも治療法があった!

こんにちは!

いつも美容美肌健康俱楽部をご覧いただき、

ありがとうございます。

今回、美容美肌健康俱楽部では、

男性の方は一度は気にしたことがある

と思いますが、

薄毛、男性型脱毛AGA

についてご紹介したいと思います。

 

今まで薄毛の常識だと思っていた考え方や

対策をどれくらい思い出せますか?

以下のことはどうでしょう?

・わかめなどの海藻を食べると

髪の毛には良い

・頭が蒸れるとハゲる

・白髪の人はハゲない

・体毛が薄い人はハゲない

・頭皮が硬かったり、薄いとハゲるので、

頭皮マッサージが効果的

・炭酸で頭を洗うと良い

 

どうですか?

どれもが一度は聞いたことがあるような

情報ですよね。

毛髪研究の第一人者と言われている医師が

抜け毛や育毛について解説したものですが、

実はこれらは全てウソ、デマかせ

だと言うのです。

信じられますか?

でも安心してください。

薄毛、男性型脱毛症(AGA)の仕組みは、

今では9割は

明らかになっているみたいなんです。

 

髪の毛が完全になくならないのは、髪には寿命があり、

古くなった毛は抜け落ちますが、その間にも、

新しい毛が生えてくるという“サイクル”

があるためです。

これをヘアサイクルと呼びます。

 

「ヘアサイクル」

ヘアサイクルには「成長期」、「退行期」、

「休止期」の

3つのステージに分かれているのです。

その1:成長期

まさに髪が成長する段階です。

髪の毛の元である

毛母細胞の細胞分裂が活発に行われ、

毛球部で作られた毛は、

その後、上部へと

押し上げられます。

人間の髪の毛は、約10万本あると言われています。

その約85%が成長期の段階にあり、

一般的には2〜6年で

次のステージへと移行します。

 

その2:退行期

 

休止期に移行する過程の時期です。

毛母細胞の細胞分裂が衰え、毛球が退縮し、

完全に退化します。

この期間はおおよそ、1〜2週間程度と言われています。

 

その3:休止期

 

この時期になると、ヘアサイクルの最終段階で、

髪の毛の製造がストップし、

古くなった髪の毛が抜け落ちます。

このステージは、約3〜4カ月かけて終了します。

男女や個人で差がありますが、平均的に4〜6年かけて

ヘアサイクルが一周し、一生で15〜30回ほどの

ヘアサイクルを繰り返すといわれています。

「男性型脱毛(AGA)について」

 

男性型脱毛(AGA)は、遺伝に起因する

男性ホルモンの影響で、

上記で述べた髪の

成長サイクルの短縮化が起こる

ということが知られています。

 

まず遺伝が影響し、それによって男性ホルモンが

 

毛乳頭細胞という所に働くと、

そこから毛髪を作る細胞の分裂を

止める

分子が出てくるのだそうです。

 

結果、毛髪は薄くなり、だんだん

ハゲていくという恐ろしい事態になってきます。

 

しかし遺伝は変えられませんが、

治療は可能なんですよ!

 

「AGAの治療」

その1:ミノキシジル

治療にはふたつの選択があって、

ひとつは毛乳頭細胞が成長するものを

たくさん出す方法。

この治療に使用されるのが、

リアップなど一度は名前を聞いたことが

あると思いますが、

それらに配合されている

『ミノキシジル』という成分です。

今から約30年前に米国で育毛剤として

有効性が確認されました。

国内では20年ほど前から発売されています。

 

その2:フィナステリド

 

もうひとつは男性ホルモンが強力に

働くための酵素を止める方法。

そうすれば弱い男性ホルモンしかないので、

そんなに進行しないのではないかということで、

その酵素を抑制する成分『フィナステリド』の

有効性が米国で確認されたのが20年前です。

国内では15年前から商品名は「プロペシア錠」

などで発売され、こちらは医療機関で

処方箋をもらって購入する飲み薬です。

このふたつの治療効果を上回るものは、

世の中にはまだないそうなんです。

 

ミノキシジルとフィナステリドは、

日本皮膚科学会のガイドラインでも

推奨度はAで、ともに90%の人に

現状維持効果があるというデータが出ているんです。

 

その中で明らかに良くなる人は、3〜4割位。

ただし、爆発的に増える人も15%くらいはいるそうです。

 

その後承認された「デュタステリド」

推奨度はAで、

フィナステリドより効果が

出るのが早いと言われています。

 

推奨度にはAからDまであって、

効果が全くないというのはDです。

 

日本皮膚科学会のガイドラインというのは

一般の人でも見ることはできますから、

一度ご覧になってみてください。

 

いかがでしたか?

諦めかけていた薄毛にも、いろいろな

研究で、攻略法が見えてきましたね。

薄毛で悩んでいる方は、ぜひお試しください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。