ダイエット美容・美肌食事、美肌

美肌を保ちながら上手に痩せる方法があった!

こんにちは!

いつも美容美肌健康俱楽部をご覧いただき、

ありがとうございます。

今回の美容美肌健康俱楽部では、

ダイエットをすると、肌がカサカサ、

シワシワになってしまった!

なんてこと、経験ありませんか?

それでは、せっかくダイエットしても

デメリットが大きすぎますよね。

そんなデメリットがなく、

美肌を保ちながら上手にダイエット

出来る方法をお話ししたいと思います。

「理想的な痩せ方」

【急激に痩せない】

当たり前のようですが、ダイエットで

痩せていくと、つい嬉しくなって、

どんどん体重を落とそうと思ってしまう

気持ちになりませんか?

しかし、急に痩せたデメリットは、

伸びてしまった皮膚が戻らず

シワシワになってしまう事が多々あります。

あとは急に痩せたことで、体内の水分が奪われ、

皮膚にも栄養が行き渡らず、カサカサ、

シワシワになることもあります。

また、急激に痩せると体がそれを異常と感じ、

何とか元に戻そうとしてリバウンド

してしまうリスクもあります。

では、どれくらいのペースで

痩せるのが理想的なのでしょうか?

それは、1ヶ月に体重の5%以内の減量が

理想的なんです。

60kgの人の場合、1ヶ月に3kg以内に

しないと上記デメリットやリバウンドの

心配もあるんですね。

つまりリバウンドしにくいダイエットは、

1ヶ月に現在の体重の5%以内にして

落とすのが理想的なんです。

無理せずじっくりと、これ位の減量を

目安に落としていきましょう。

【セロトニンを分泌させる】

セロトニンという脳内の神経伝達物質は

美肌とダイエットの大敵であるストレスに

打ち勝つ重要な物質です。

別名「幸せホルモン」と言われているのを

聞いたことはありませんか?

このセロトニンをしっかり分泌させることで、

ストレス太り、過食などが減り、肌荒れ防止、

ホルモンバランスを整えるなどの効果が出てきます。

逆にセロトニンが不足すると、疲労感増大、

イライラする、向上心低下、意欲低下、

協調性欠如、うつ、不眠、過食といった症状が

出現してきます。

※セロトニンをしっかり出すには

・日光を浴びる

日光を浴びることで、セロトニンが分泌されます。

とくに朝日を浴びると体内から分泌されるため、

起床後、30分位が重要ですので、朝起きたら

まずカーテンを開け、その間に日光を

15~30分位浴びるのが理想的です。

・必須アミノ酸のトリプトファンを摂る

セロトニンは脳内で作られると前述しましたが、

その材料として必須アミノ酸のトリプトファンという

物質が必要となります。このトリプトファンは

体内では生成できないので、食事から

摂る必要があります。

食べ物から摂取したトリプトファンは、

日中は脳内でセロトニンに変化し、

夜になると睡眠を促すメラトニンに

変化するんです。

そのため、トリプトファンが不足すると、

不眠症や睡眠の質の低下を引き起こす

原因となります。

トリプトファンが多い食材は、

豆腐・納豆・味噌・しょうゆなどの大豆製品、

チーズ・牛乳・ヨーグルトなどの乳製品、

鰹、まぐろの赤身、鮭、米などの穀類などです。

その他、ごま・ピーナッツ・卵・バナナ

にも含まれています。

・適度な有酸素運動をする

セロトニンを分泌させるには、脳を活性化させる

必要があり、それには水泳、ジョギング、

ウォーキングなど、単調に体を動かす

有酸素運動をするのがお薦めですね。

 

【体と肌に良い油を摂る】

油と聞くとダイエットに天敵と思いがちですが、

油を抜くと肌がカサカサになったり、

便秘になりやすく、むくみやすくもなって、

代謝が落ちたりと、美肌と健康にとって

かえって悪影響を及ぼします。

良い油とは、オメガ3系と呼ばれる

「不飽和脂肪酸」です。

不飽和脂肪酸は、イワシやアジ、サバ、

さんまなどの青魚に多く含まれています。

日常の食事に良い油を摂るようにしましょう。

 

【スイーツを控える】

甘いものは美肌とダイエットの大敵です。

高カロリーなものが多いため、体内で

脂肪になりやすいうえ、糖質を摂り過ぎると

肌が糖化し、黄みがかったくすみが出たり

シワやたるみができやすくなり、

肌の老化が促進すると言われています。

 

ダイエットをしようとか、美肌を目指そう!

というのは、誰でも出来ますが、

ダイエットをしていても美肌は維持、向上するように

ダイエットと美肌を同時に意識してみてください。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。